株式会社 LEXCEED

外壁塗装とその重要性について解説!

お問い合わせはこちら

外壁塗装とその重要性について解説!

外壁塗装とその重要性について解説!

2023/10/16

外壁塗装は、家や建物の外側を保護するために行われる作業の一つです。風雨や紫外線、汚れなどから建物を守り、美しさを保つために欠かすことのできない施工です。外壁塗装は特に、悪天候や過酷な環境条件に晒される建物において、その重要性が高くなります。本稿では、外壁塗装の重要性について解説します。

目次

    外壁塗装とは?

    住宅リフォームにおいて重要なのが外壁塗装です。外壁塗装とは、住宅の外側にある外壁に塗料を塗ることで、美観性を向上させるだけでなく、外部からの様々な影響から住宅を保護する役割を持っています。外壁が損傷したり、汚れたりすると、外観が悪くなるだけでなく、雨水や風などの天候の変化による建物の老朽化や劣化のリスクが高まります。さらに、水漏れや雨水の侵入などで、内部の構造や設備に悪影響を与えることもあります。そのため、定期的に外壁を塗装することで、これらのリスクを軽減することができます。外壁塗装には、通常の塗装や防水塗装など、様々な種類があり、それぞれ建物の状態や用途、お客様の要望に合わせて選ばれます。さらに、外壁塗装には、熟練した職人による作業や使用する塗料の品質、施工技術など、様々な要素があります。高品質な外壁塗装を行うことで、住宅の美観性だけでなく、長期間にわたり快適な住環境を保つことができます。

    外壁塗装の役割と重要性とは?

    住宅の外壁塗装は、家の見た目を美しく保ち、建物の保護を強化するために欠かせないものです。塗装によって外壁が汚れにくくなり、塗膜が建物を守ってくれます。特に、気温変化や紫外線、風雨などの自然環境にさらされやすい住宅では、しっかりとした外壁塗装が求められます。外壁塗装を行うことで、外壁の劣化によるひび割れや浸水、結露といった問題を予防することができます。また、外壁の変色や、ムラ塗装による見た目の悪化も、外壁塗装によってリフレッシュすることができます。外壁に対する保護や美観の維持には、外壁塗装の腕を磨くリフォーム業者を選ぶことが大切です。

    外壁塗装の適切な時期とは?

    住宅の外壁塗装は、様々な要因で劣化してしまうため、定期的な塗装が必要です。この塗装を行う適切な時期は、古い塗料が剥がれ落ちている、薄くなっている、ひび割れが生じているなど、外観や劣化状態から察知することができる場合が多いです。また、一般的には、10年程度が塗り替えの目安とされています。ただし、地域や建物の特性によっても、この期間は前後することがあります。特に、海や山などの厳しい気象条件下にある場合は、更に早い塗装工法の必要性が増します。したがって、塗装が必要な時期は、外観や状態だけでなく、地元の専門家に相談することで適切な時期を把握することが重要です。影響の少ない時期を選び、確実に塗装を行うことで、住宅の耐用年数を延ばし、快適で健康な居住環境を維持することができます。

    外壁塗装の種類と選び方

    住宅の耐久性と美観を保つためには、定期的な外壁塗装が必要です。しかし、外壁塗装の種類は多く、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いでしょう。代表的な外壁塗装の種類として、一般的なペンキ塗装やシリコン塗装、フッ素樹脂塗装、つや消し塗装などがあります。どの種類を選ぶかによって、価格や耐久性、色落ちの有無などが異なります。 外壁塗装を選ぶ際には、まずは自分の住宅の外壁素材を確認しましょう。木造住宅やプレハブ住宅はペンキ塗装が最も一般的ですが、鉄骨造やコンクリート造住宅はシリコン塗装がオススメです。また、気候や建物の場所によっても、選ぶ塗装の種類が異なる場合があります。塗装業者と相談しながら、適切な外壁塗装を選ぶようにしましょう。外壁塗装は長い年月を経ての費用対効果を考慮し、専門業者のアドバイスを取り入れながら選びましょう。

    外壁塗装を行う際のポイントと注意点

    外壁塗装は、住宅の美観を保つために非常に重要な工程です。しかし、塗装の工程を誤ると、建物の劣化が早まる原因となるため、その点を考慮しなければなりません。例えば、下地処理が不十分であった場合、塗装剥離、ひび割れ、劣化などの問題が発生することがあります。 外壁塗装のポイントは、まず塗装前に下地処理を完了させることです。下地処理は、古い塗装や汚れ、プラスター表面のはがれ落ち、カビやコケといった雑菌などを除去することが必要です。下地処理が十分に完了すると、新しい塗料を塗る際に、十分に密着するため、劣化の軽減につながります。 また、外壁塗装の注意点は、塗料の選択です。最近では、環境に優しいエコ塗料もあり、長期間にわたって外壁を守ることができます。Ecolabelや商標表示などを確認することで、自分にとって適した塗料を選ぶことができます。 さらに、外壁塗装は環境にも影響を与えるため、施工する業者を選ぶ際は、塗料の配合環境に配慮して、適切に施工してくれる業者を選ぶことも大切です。

    株式会社LEXCEED

    所在地
    〒132-0011
    東京都江戸川区瑞江2-1-8 田中第2アバンドビル5F
    TEL
    03-5664-6480
    FAX
    03-5664-6481
    フリーダイヤル
    0120-811-578
    代表
    鈴木 義孝
    創業
    平成26年9月
    営業時間
    10:00 〜 19:00
    定休日
    火曜日
    支払い方法
    現金
    銀行振込
    ローン
    クレジット (タッチ決済可能)

    QR決済
    au PAY / d払い / Jコイン / 楽天ペイ / メルペイ / PayPay
    事業内容
    外壁塗装/屋根塗装/屋根改修工事/屋上・バルコニー防水工事/外構エクステリア工事(ブロック・フェンス・カーポート・バルコニーテラス屋根)/シーリング打替え工事/内装工事/水廻り工事/店舗改装工事/シロアリ予防点検調査/ドローン屋根点検調査/アンテナ工事/断熱リフォーム工事/制震工事
    対応エリア
    江戸川区・葛飾区・浦安市・市川市・その他近郊地域
    支援登録補助金制度
    住宅省エネ2024キャンペーン(国土交通省・経済産業省・環境省)
    長期優良住宅化リフォーム推進事業(国土交通省・国立研究開発法人建築研究所)
    登録工事保険
    リフォームかし保険 JIO 日本住宅保証検査機構
    AIU 事業総合賠償責任工事保険
    東京日動火災保険:業務災害総合保険・対人10億・対物10億・建設事業
    各種保証
    リフォーム評価ナビ登録(国土交通省)
    JIOリフォーム瑕疵保険事業者登録
    LIXILリフォームネット 登録
    外壁塗装保証書
    屋根塗装保証書
    屋根工事保証書
    防水工事保証書
    白蟻防蟻保証書証
    有資格者
    外壁診断士(一般社団法人全国住宅診断士協会)在籍
    JUIDA | ドローン資格者(無人航空機操技能者)在籍
    一級塗装技能士在籍
    防水施工技能士在籍
    有機溶剤業主任者在籍
    一級鉄筋施工技能士在籍
    アスベスト(石錦)作業主任者在籍
    建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者在籍
    コンクリート造の工作物の解体等作業主任者在籍
    フルハーネス型安全帯使用作業講習修了者在籍
    統括安全衛生責任者(リスクアセスメント含)在籍
    職長・安全衛生責任者(リスクアセスメント含)在籍
    足場点検実務者研修修了者在籍
    解体施工技術士在籍
    シロアリ防除施工士在籍

    ----------------------------------------------------------------------
    株式会社LEXCEED
    東京都江戸川区瑞江2-1-8 田中第2アバンドビル5F
    電話番号 : 03-5664-6480


    江戸川区でプロによる外壁塗装工事

    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。