株式会社 LEXCEED

塗装のゆず肌原因を知ろう!解決方法と対策も紹介

お問い合わせはこちら

塗装のゆず肌原因を知ろう!解決方法と対策も紹介

塗装のゆず肌原因を知ろう!解決方法と対策も紹介

2023/10/15

ゆず肌とは、塗装面にできる肌理の乱れのことで、一見すると酸化皮膜によるものと間違われがちですが、実は塗装面の素地にある原因が多くあります。この問題に悩む方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、塗装のゆず肌の原因について解説し、解決方法や対策もご紹介します。

目次

    ゆず肌とは?

    住宅リフォームにおいて、近年注目を集めているのがゆず肌と呼ばれる壁の仕上げです。ゆず肌は、和室に使われる最も伝統的な壁の仕上げの一つで、古くから愛されてきました。この壁は、安らぎの空間を演出し、精神的な癒しを与えてくれるとされています。 ゆず肌の作り方は、壁に漆喰を平滑に塗り、柔らかいクロスを張って表面をなじませた後、地肌色の土を薄く塗りかける、という手間のかかる作業です。しかし、その手間がかかる分、完成したゆず肌は美しく、温かみがあります。 また、ゆず肌は、湿度調整効果や調湿効果に優れているため、室内を快適な状態に保ちやすく、冬場や夏場の温度差による不快感を軽減することができます。さらに、ゆず肌は防音効果にも優れているため、外部の騒音を軽減することもできます。 ゆず肌は、和室だけでなく、洋室にも取り入れることができます。木材との相性も良く、ナチュラルなインテリアにも合わせやすいというメリットもあります。住宅リフォームにおいて、ゆず肌を取り入れることで、より快適で美しい空間を手に入れることができます。

    塗装で起こるゆず肌の原因とは?

    住宅リフォームで行われる塗装作業において、つるりとした仕上がりを目指すのは当然のことです。ところが、塗装作業を行っていると、時々ゆず肌と呼ばれる現象が起こってしまうことがあります。ゆず肌とは、ゆずの皮のように小さな波状の凹凸が発生する現象のことです。 ゆず肌は、塗料を塗る前に表面の下地処理が不適切である場合に発生することが多いです。具体的には、下地に付着している油分や汚れ、または表面自体に小さな凸凹や穴がある場合に起こります。そういった下地処理が不十分な状態では、塗料が十分な密着性を持って塗られず、表面に凹凸が発生してしまうのです。 また、塗布時の環境温度が高く、塗料の乾燥が速い場合にも、塗装表面にゆず肌が発生しやすくなります。そのため、塗装する表面の温度や湿度、塗料の選定や塗布方法など、細かな作業条件や工程管理が重要な要素となります。 住宅リフォームにおいては、外壁や屋根などの大規模な塗装作業が多いこともあり、ゆず肌が発生した場合、非常に目立つため、担当者は注意を払いながら作業を進めなければなりません。十分な下地処理、適切な環境管理など、専門の知識と確かな技術が求められる塗装作業です。

    塗装のゆず肌を解決する方法は?

    住宅リフォームにおいて、塗装のゆず肌という現象が起こることがあります。ゆず肌とは、塗料が塗られた表面に気泡状の凹凸が残る状態のことを指します。これは、塗料が膜を持てるだけの伸び性や引っ張り強度を持ち合わせていない場合に起こる現象です。 ゆず肌が起こってしまった場合には、早急に対処する必要があります。まずは、膜を持てるような塗料に塗り替えることが必要です。また、表面を研磨したり、下地処理を行うことで、塗料の密着度を高め、再発防止にも繋がります。 しかし、ゆず肌を防ぐためには、正しい施工方法が重要です。塗料の種類や下地の素材に応じ、塗料を塗る前に中和剤を使用することや、塗料を薄めずに適量を使用すること、塗る際にムラを残さないようにすることが大切です。 リフォームを行う際には、塗装のゆず肌の発生や再発防止にも注力し、素晴らしい仕上がりを目指しましょう。

    ゆず肌を防ぐための対策は?

    ゆず肌は、とても困りますよね。住宅リフォームにおいても、このような問題は起こり得ますので、予防策を知っておくことが大切です。一般的に、ゆず肌は壁内結露によるものが多いので、窓や換気の状態を調整することが有効です。また、断熱材の厚みを増やすことも、健康な家環境を維持する上で重要です。さらに、湿気を抑えるために、換気扇を設置することも考えてみると良いでしょう。リフォームする際には、自然素材の断熱材や、湿気を吸収するゴム材などを使うこともオススメです。これらの方法を取り入れることで、ゆず肌を予防し、快適な家環境を維持することができます。

    塗装のプロによるゆず肌対応事例を紹介!

    住宅リフォームにおいて、外壁の塗装は非常に重要な役割を担っています。その中でも、最近注目されているのがゆず肌対応という塗装方法です。ゆず肌とは、柿渋などの木材保護剤が含まれる木材を使った外壁で、夏場になると木目の縮みによって壁面に凹凸が生じてしまう現象です。 しかし、塗装のプロであれば、このゆず肌にも対応できます。まずは、塗装前に適切な下地処理を行い、木目の凹凸を穴埋めすることが大切です。次に、塗料を選定する際には、柔軟性のあるものを選ぶことが重要です。柔軟性があることで、木目の縮みに対しても塗膜が自在に伸縮するため、ゆず肌が生じることを防ぎます。 また、塗装後も定期的なメンテナンスが必要です。特に、夏場には木目の縮みが激しくなるため、注意が必要です。こまめな塗装や補修を行い、長期的に美しい外壁を維持することができます。 塗装のプロによるゆず肌対応によって、外壁が美しく維持されることはもちろん、耐久性も向上します。ぜひ、リフォームの際には、ゆず肌対応にもこだわった塗装をおすすめします。

    ----------------------------------------------------------------------
    株式会社LEXCEED
    東京都江戸川区瑞江2-1-8 田中第2アバンドビル5F
    電話番号 : 03-5664-6480


    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。