株式会社 LEXCEED

外壁を濃い色にすると、色あせが起きやすい?リフォーム業界のプロが教えるデメリットと対策

お問い合わせはこちら

外壁を濃い色にすると、色あせが起きやすい?リフォーム業界のプロが教えるデメリットと対策

外壁を濃い色にすると、色あせが起きやすい?リフォーム業界のプロが教えるデメリットと対策

2023/10/14

外壁の色を変えることで、建物の印象を大きく変えることができます。特に最近では、モノトーンやダークカラーの外壁が注目されていますが、その一方で色あせが起きやすいというデメリットも存在します。今回は、リフォーム業界のプロがその理由と対策について解説します。

目次

    外壁を濃い色にした場合、色あせが起きやすくなる理由とは?

    外観の美しさや耐久性を高めるため、外壁の塗装色にはさまざまな中から選択できます。しかし、外壁を濃い色にすると、色あせが起こる可能性が高くなります。その理由は、濃い色の塗料には光による変色が起こりやすいからです。 濃い色の塗料は、太陽光や照明の影響を受けやすく、時間が経つと経年変化が起こります。また、雨風や紫外線などの自然環境にもさらされるため、より色あせが進むことが考えられます。これにより、外壁の美しさが長持ちしないという弱点があります。 塗装工事を依頼する際には、塗装の種類や施工時期などについて相談することが重要です。また、美しさだけでなく耐久性を重視するためには、濃い色ではなく、明るめの色にすることも検討してみると良いでしょう。丁寧なメンテナンスを行ない、外壁を長く美しく保つためにも、適切な外壁塗装を行うことが重要です。

    外壁を濃い色にすると、色あせを防ぐために何が必要?

    外壁を濃い色にすると、そのままでも十分美しさを保つことができます。しかし、長期的に見て色あせや劣化が起こる場合があります。そういった場合、色あせを防ぐために以下のような方法が必要になるでしょう。 まず、外壁を塗り替えるタイミングを見極めることが大切です。塗り替えを行う周期は、普通は5〜10年と言われています。しかしながら、屋外環境によっても異なりますので、場合によっては短めにすることも必要になるかもしれません。 また、外壁塗装を行う場合は、専門の業者に頼むことがお勧めです。正しい塗装方法を知り、適切な塗料を選ぶことが大切です。選ぶ塗料にもよりますが、外壁塗装には防水性や防藻性の高いものを使うのが一般的です。 外壁塗装を行う前に、外壁自体にも手入れが必要です。こまめに洗浄することで、劣化や色あせを遅らせることが可能です。また、外壁塗装を行う際は、傷やヒビがないかをチェックし、修復する必要があります。 以上のようなメンテナンスをきちんと行うことで、外壁を濃い色にしても美しさを長く保つことができます。また、リフォームを検討する際には、外壁塗装や外壁自体の素材にも注意して選ぶことが大切です。

    外壁の濃い色は、メンテナンスの頻度が高くなる?

    住宅リフォームにおいて外壁のカラーリングは、重要な要素の一つです。明るい色であれば、汚れも目立たずメンテナンスもしやすくなりますが、逆に濃い色である場合はメンテナンスの頻度が高くなる可能性があります。 濃い色の外壁は、太陽光線などによる紫外線の影響を受けるため、退色しやすくなります。また、雨水や風によって汚れが付着しやすく、洗浄の頻度を増やす必要があります。 しかし、最近では、濃い色の外壁にも長期間色褪せない塗料が多数開発されています。さらに、汚れが付きにくい特殊塗料なども存在するため、適切な塗料を選ぶことでメンテナンスの頻度を減らすことができます。 また、外壁だけでなく、屋根や建物周辺などの環境によってもメンテナンスの必要性が変わってきます。地域の気候や街中の環境に適した塗料やメンテナンス方法を選択することが重要です。 外壁の濃い色を選ぶ場合は、注意深く調べ、適切な塗料を選びましょう。適切なメンテナンスを実施することで、美しい外観を保ちながら、長期的にも経済的な住まいを実現できます。

    外壁色あせの原因となる紫外線対策には、何が有効?

    住宅の外壁は、日々の紫外線や風雨などの影響により、徐々に色あせていきます。特に強い紫外線は、色あせだけでなく外壁の劣化や破損の原因ともなっています。そこで、外壁色あせの原因となる紫外線対策としては、以下のものが有効です。 まず、塗料には紫外線吸収剤という成分を含んだものを選ぶことが重要です。この成分は、紫外線を吸収して壁面にダメージを与えないようにする役割があります。また、特に暑い地域では断熱塗料も効果的です。これは、壁の表面温度を下げることで熱を遮断し、外壁へのダメージを軽減します。 さらに、外壁の定期的なメンテナンスも効果的です。特に塗料の劣化が進んでいる場合は、早めの塗り替えが必要です。また、汚れの付きにくい防汚性の高い塗料を使用することも大切です。これらを実践することで、外壁の色あせや破損を防ぎ、美しい外観を保つことができます。

    外壁を濃い色にする場合、注意点や対策とは?

    外壁を濃い色にする場合、注意点や対策として、以下の点について考慮する必要があります。 まず、濃い色は日常的な汚れや劣化による色あせが目立ちやすく、メンテナンス費用が多くかかることがあります。また、周囲の環境や光によっても色見や質感が変化することもあります。 このため、塗料の選定には耐候性・耐久性に優れたものを選ぶことが重要です。さらに、塗料の塗布前には適切な下地処理が必要であり、専門的な知識・技術を持った施工業者に依頼することが望ましいです。また、定期的なメンテナンスにも注意が必要です。 また、建物の外観が大幅に変わるため、周囲の住宅や景観との調和性も検討する必要があります。自治体によっては建築基準法などの規制がある場合もあるため、事前に確認することが大切です。 以上に加え、色彩心理学を取り入れた色の使い方にも配慮することで、自宅をより魅力的な空間に演出することができるでしょう。

    ----------------------------------------------------------------------
    株式会社LEXCEED
    東京都江戸川区瑞江2-1-8 田中第2アバンドビル5F
    電話番号 : 03-5664-6480


    江戸川区でプロによる外壁塗装工事

    ----------------------------------------------------------------------

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。