株式会社 LEXCEED
お問い合わせはこちら

外壁塗装に適した時期と季節はいつ?業者の選び方と共に解説

外壁塗装に適した時期と季節はいつ?業者の選び方と共に解説

2023/03/29

外壁塗装は基本的にオールシーズン行えます。しかし、環境によってはできない時期や適していない時期もあります。
外壁塗装を行うなら、適した時期と適さない時期をしっかりと把握しておきましょう。

この記事では、外壁塗装に適した時期、適さない時期とその理由を解説します。
外壁塗装の業者選びのポイントについても解説するので、参考にしてください。

外壁塗装に適した時期と季節はいつ?業者の選び方と共に解説

この時期は外壁塗装に向かない!避けるべき季節を紹介

外壁塗装は基本的にオールシーズンで行えます。
ただし、外気温が5度を下回ると塗料の伸びが悪くなるため、業者は外壁塗装を行いません。
また、雨や雪のときも外壁塗装はできません。

そのため、寒冷地や豪雪地帯は冬は外壁塗装ができないと考えていいでしょう。
地域によっては梅雨や秋の長雨の時期も外壁塗装には不向きです。
外壁塗装に適した時期が春、もしくは秋といわれているのは雨が少なく気温が5度以上ある日が多いためです。

なお、日本は南北に長いので気候が地域によって全く異なります。
温暖な地域では冬でも5度を下回る日が少ないため、冬でも外壁塗装が可能です。
反対に、10月ごろに台風が多い地域では秋でも外壁塗装は避けたほうがいいでしょう。

この時期は外壁塗装に向かない!避けるべき季節を紹介

外壁塗装は、気温が5度を下回るときや、雨、雪のときは行えません。
それ以外にも真夏は避けたほうがいいでしょう。

外壁塗装を行う際、窓に塗料が付かないようにビニールなどで養生します。
窓は開けられず、場合によっては室外機も養生が必要になるため、エアコンが使えなくなるケースもあるでしょう。

地域によっては真夏はエアコンなしでは過ごせません。
1~2日くらいでも脱水症状などが起こる可能性もあるでしょう。
また、業者も真夏の作業は大変です。

毎年梅雨が明けると地域によっては気温がうなぎ上りに高まるため、長期予報も参考にしながら外壁塗装を行う時期を決めましょう。
9月の後半になると気温も下がってきますが、台風にも注意が必要です。

外壁塗装に適した季節・時期|依頼時の注意点

外壁塗装に適した時期に、スムーズに外壁塗装を行うにはいくつかのポイントを押さえておくといいでしょう。
ここでは、スムーズに外壁塗装を行うための注意点を紹介します。

依頼や予約は早めに行おう

一般住宅の外壁塗装は、10日~2週間程度で完了します。
大規模なマンションや商業施設の場合は、数か月~半年以上かかる場合も珍しくありません。

外壁塗装に適した時期は決して長くないので、その時期に予約が集中することもあるでしょう。

希望の時期に必ず外壁塗装をしてもらいたい場合や、その時期しか外壁塗装ができない場合は、早めに予約や相談を行ってください。
知名度が高く人気がある外壁塗装業者の場合、直前の相談や予約は受けつけていないケースもあります。

長雨に注意|梅雨や秋の雨季は危険

前述したように、梅雨や秋の長雨の季節は、何日も雨が続く場合もあります。
また、外壁塗装を行ったあとは十分に塗料を乾かさないと、仕上がりが悪くなる可能性もあります。

梅雨の時期や秋の長雨の時期は、雨が降らなくても湿度が高く塗料の乾燥に影響が出る可能性もあるでしょう。
無機塗料など扱いが難しい塗料を使う場合や、梅雨時や秋に長雨が続く年が多い地域は注意してください。

その時しか空いていない場合は、業者とよく相談してください。

台風が来る季節にも気をつけよう!

台風は雨が激しく降るだけでなく、強い風も吹きます。
外壁塗装を行う際は足場を組んでビニールなどで養生を行うため、台風のときは大きな被害が出る可能性もあるでしょう。

業者は台風対策も十分に行いますが、近年は想定外の台風の被害が出るケースも珍しくありません。
毎年必ず台風が通過し、大きな被害が出ることが多い地域は台風の時期を外して依頼したほうがいいでしょう。

工期が長引けば、それだけ費用もかさんでいきます。
台風で被害が出た場合は保険によって保障も受けられますが、すべての被害が保障されるわけではありません。

時期・季節以外にも注意!業者に外壁塗装を依頼するポイント

外壁塗装を行ってくれる業者はたくさんあります。
地域によっては10件以上の業者から選ばなければならないときもあるため、迷ってしまう方もいるでしょう。

業者を選ぶ際に値段を第一に考えるケースは多いですが、値段だけでなく実績もよく確認しましょう。
幾ら値段がやすくても、実績がなければ仕上がりが不十分で耐久性も低くなります。
可能ならば、実績を確認したうえで比較しましょう。

このほか、合い見積もりを取る方法も業者の質を確かめられます。
見積もりには業者の性質がよく現れます。
見積もりが分かりやすく丁寧に作られている業者は信用ができるでしょう。

また、合い見積もりを作ってもらえれば、それを根拠に値引き交渉もできるでしょう。
地域の相場も分かります。

まとめ

外壁塗装は地域によって適した時期が異なります。
寒冷地や梅雨、秋に長雨が降る地域、さらに台風が直撃しがちな地域は外壁塗装ができる地域が限られているため、注意が必要です。
業者と相談しながら時期を決めていきましょう。

どうしても雨が多い時期に外壁塗装を行う場合は、予備日を長めに取るなど工夫が必要です。
また、相談は早めに行いましょう。

----------------------------------------------------------------------
株式会社LEXCEED
東京都江戸川区瑞江2-1-8 田中第2アバンドビル5F
電話番号 : 03-5664-6480


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。