株式会社 LEXCEED
お問い合わせはこちら

断熱塗装に使う塗料はどのようなもの?断熱塗料を使うメリットとは

断熱塗装に使う塗料はどのようなもの?断熱塗料を使うメリットとは

2022/07/21

家を紫外線や風雨から守ってくれるのが外壁塗装です。
近年、断熱塗料を使うことで断熱性を高める塗装も注目されています。
断熱塗料とは一体どのようなものなのか、本当に断熱性能が高いのかなど疑問もあるでしょう。

断熱塗料を使った外壁塗装のメリットやデメリット、効果の持続期間などについてまとめます。

断熱塗装に使う塗料はどのようなもの?断熱塗料を使うメリットとは

断熱塗料とは

断熱塗料というのは、塗料の中に断熱効果がある成分を含む塗料です。
メーカーによってその断熱効果には違いがあるためどのような成分が含まれていれば断熱塗料であるとはいえません。

基本的には熱伝導率が低い塗料で、夏は室内の温度上昇を抑え、冬は室内の熱を外に逃がしにくい塗料です。
断熱塗料に似た塗料として遮熱塗料がありますが、こちらはあくまでも熱を遮る塗料です。

熱を反射し遮るもので、熱伝導率については特質すべき特徴を持っていません。
つまり、夏の暑い熱を反射し遮る力はありますが、冬に室内の熱が外に逃げ出すことを抑える効果は期待できません。

断熱塗料のメリット

外壁塗装に使う塗料を断熱塗料にするメリットについてまとめます。

他の断熱工法より手軽

住宅の断熱効果を高める工法には色々なものがあります。
家の柱や構造材の隙間に断熱材を充填する「充填工法」や柱や構造材の外側に断熱材を張り、家をすっぽり断熱材でくるむ「外張り工法」が代表的です。

これらの工法は本格的な断熱工事が必要で、コストも高くなります。
断熱塗料による断熱は外壁塗装の際に利用する塗料を断熱塗料にするだけなので施工が簡単です。
費用も他の断熱工法より抑えられるでしょう。

快適な温度が保ちやすい

熱の移動を抑制する効果がある断熱塗料を外壁塗装に利用することで外気温の影響を受けにくくなります。
夏は暑くなりにくく、冬は室内の暖かさが逃げにくくなるため、快適な温度が保ちやすくなるのです。

特に夏の暑さは年々厳しくなっています。
断熱塗料を塗った場合と塗っていない場合では、プレハブ倉庫の屋根の表面温度が約20度も差があったという実験結果があります。

冷暖房効果が高まる

屋内の熱が逃げにくく屋外の熱が伝わりにくい断熱塗料の効果で、冷暖房効果が高まります。
効率よく冷暖房が活用できるため節電にもつながります。
プレハブ小屋に断熱塗料を塗った場合と塗っていない場合とでは、夏場で約15%、冬場では約21.5%も電力使用量が違った実験結果があります。

断熱塗料は環境に優しいエコな塗料といえるでしょう。

結露しにくい

断熱塗料を外壁に塗ることで、室温と壁面の温度差が小さくなります。
その結果結露が防止できる効果も出てきます。
結露はカビの発生などにもつながります。
健康的な環境が作れるメリットもあるといえるでしょう。

防音効果も得られる

断熱効果が得られる成分が含まれる断熱塗料は、特に機能性がない塗料に比べて塗膜が厚くなる傾向があります。
塗膜が厚いことで空気の振動が減り防音効果も得られます。
屋根材に断熱塗料を塗ると雨音が小さく感じられるでしょう。

断熱塗料のデメリット

メリットが多そうな断熱塗料ですが、デメリットもあります。
ここからはデメリットについてもまとめます。

コスト高となる

断熱塗料の中には、セラミックを混ぜ込むなど特殊な素材を添加します。
そのため一般的に使われる塗料に比べるとコスト高となりやすいでしょう。

ただし、耐用年数が長い(10~15年)ものも多いため、耐用年数が短い(5~10年)塗料を繰り返し塗るのに比べると長期的にはコストが下がることがあります。
また、節電効果なども考えると、一概にコスト高とはいえない部分があります。

艶がないマットな仕上がりに

断熱塗料の多くは、艶がないマットな仕上がりとなります。
艶感がないため想像していた仕上がりにならないと感じる方もいるでしょう。

また、断熱効果は濃い色よりも明るい色あいの方が高いため、断熱塗料での外壁塗装は明るい色を勧められることも多くなります。
暗めの色あいが好みという方にとっては不満に感じる場合があります。

断熱効果が実感できない場合も

さまざまな実験で断熱性能が認められている断熱塗料でも、誰もが断熱効果が実感できるわけではありません。
実は断熱効果が得られない理由が他にある場合には、断熱塗料を塗っても効果が実感できない場合があります。

熱の侵入口が多い家などです。
窓が多い家や複層ガラスとなっていない家は熱の侵入口が多い家といえるでしょう。
また、もともと断熱性能が高い家の場合も、断熱塗料の効果が実感しにくいケースがあるようです。

まとめ

断熱効果が得られる断熱塗料はコストがやや高めですが、長い目で見ると決してコスト高とはいえない塗料です。
優れた断熱性能により、夏涼しく冬温かな室内環境が得られやすい塗料といえるでしょう。

デメリットもありますが、メリットも多い塗料なので外壁塗装の塗料選びの際には検討してみて下さい。

株式会社LEXCEEDは東京都江戸川区を中心に、外壁・屋根塗装のリフォームを手掛けています。
外壁塗装でお悩みの方はご相談ください。

----------------------------------------------------------------------
株式会社LEXCEED
東京都江戸川区瑞江2-1-8 田中第2アバンドビル5F
電話番号 : 03-5664-6480


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。